>  > イメージクラブ風のソープ

イメージクラブ風のソープ

給料日前に私用で使えるお金が余っていた場合のみ、ソープランドに行くことが許されます。妻にではなく、僕にです。よく「給料が出たから風俗に行った――」という体験談を見かけますが、それはよくない。収入を得た途端に散財してしまうのは、浪費家のクセです。僕も昔はそうだったんですが、それではいつまで経ってもお金が貯まらないので、給料が出たら貯金する分はさっさと貯金させて、1か月節約を心がける。そうして給料日前までに残ったお金を風俗に費やす。これが自分流です。自宅通いというわけではないですが、ちょっと特殊な居候をしているため、家賃はなしなので貯金しやすいです。毎月給料の5割を貯金に回すことができます。って、話がずれちゃいましたね。ソープランドの体験記ですが、僕はいつもイメージクラブ風のソープランドに行ってます。メイド服もあれば、チャイナ服、巫女服など、隔たりなく選んでいます。でもまだブルセラ系は利用してませんね。次はセーラーあたりを狙ってみますか!

[ 2015-11-11 ]

カテゴリ: ソープ体験談